奈良
きたまち、
稀少の邸。
かつてなかった「近鉄奈良」駅徒歩5分圏内の第一種住居地域に、
分譲マンションがついに誕生します。
「近鉄奈良」駅北側に広がる通称「ならきたまち」の一角。
ここは、奈良時代から中世、江戸時代を経て近代まで
奈良の中枢を担ったエリア。
現在は奈良県庁などが集まる官庁街を形成し、
奈良女子大学が置かれていることから
文教ゾーンとしての落ち着きも感じられます。
奈良の中心エリアに占める稀少性の高いこの地に、
“プレミアムレジデンス”と呼ぶにふさわしい
上質のステージが誕生します。 

※掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、外観・外構・植栽・色彩等は実際とは異なる場合がございます。 行政官公庁の指導、施工上の都合及び、改良のため設計・仕様・外構工事等に変更が生じる場合があります。 また、現地周辺の建物等を省略して描いております。
※絵図の樹木は、成長した状態の予想図であり、描かれた状態に成長するまで、一定期間必要となります。